リアルな音を奏でるフリーエレキギターVST音源!

ブロマガから移行した記事です。

今回紹介する音源(ダウンロードリンクに飛びます)

ちょっと嘘つきました。ごめんなさい。タイトルでフリーエレキギターVST音源って書いてるんですけど後者3つはsfz形式の音源です。

あとここで紹介するもの全てMacAUでも使えますしPro ToolsのRTASやAAXでも使えます。

 


KONTAKT PLAYER 

KONTAKT PLAYER自体は音源じゃなくてサンプラーです。
製品版KONTAKTは単体で購入できる他KOMPLETEにも収録されていますね。



そのKONTAKT PLAYERで最初から使える音源がKONTAKT FACTORY SELECTIONです。
これに収録されているエレキギター使えます。

さてインストールに関して分からないことがあれば、ほかのサイトを参考に…。
アクティベーションとかなんとかの手順を踏むのが苦手な人は頑張りましょう。

ついでにアンプシミュレータのGuitar Rig Playerもダウンロードしておくと言いでしょう。

インストールが終わったらKONTAKTを開きKONTAKT FACTORY SELECTIONの



Bandフォルダを開くとRock GuitarとJazz Guitarがあります。



こんな感じ。Rock GuitarもJazz Guitar同じUIです。

SOLO…単音のみに切り替えられる。

TONE…ギターのつまみのTONEでしょうねおそらく。

NOISE…音が鳴り終わったときに発生するノイズの音量を変えられます。

PICKUP…ピックアップ。ピックアップとは弦の振動を電気に変える装置。切り替えることでサウンドも変わります。

COMP…コンプレッサー。

WAH…ワウエフェクターです。分からない人はサウンドを調べてみましょう。

DIST TONE…歪みの綺羅びやかさ。

DRIVE…歪みの量。

REVERB…リバーブ。音作りとして使うのでなければ切っておくと良し。

CABINET…キャビネット。アンプに繋ぐスピーカーのようなもの。

EQイコライザー

UI下にOptionsというタブがありますが、ここでランダマイズやピッチベンドレンジ、ベロシティカーブの数値を変えられます。

やっぱ音聴きたいですよね!

用意しました!
https://soundcloud.com/lame-ort/kontakteg

Rock Guitar→Jazz Guitar→Rock Guitar + Guitar Rig Player→Rock Guitar(パワーコード)の順で再生されます。


Guitar Rigを使う場合はDRIVEのつまみを左に振り切って歪みを無くして、キャビネットもオフにしましょう。

最後に8分のパワーコードで鳴らしてみたのですが、どうやらパワーコードでかき鳴らすのは向いていないみたいです。バッキングで使うならカッティングっぽくしたりアルペジオにするのが吉。



LP SG Custom

Gibson SG Customをサンプリングしたプラグインです。LPって書いてるからレスポールかと思ったら違うみたい。

Customはお高いですよ。↓なんか100万越えです。


シンプルなUIで分かりやすいです。



KS、MU、SLIDEと並んでいますが、
KSはキースイッチでC#1で音を鳴らしたらMUのミュート音を鳴らすまで音が止まらないようになっています。SLIDEはギュイーンってやつです。

Play Modeは
Poly、Mono、Legatoの三種類でPolyが和音を鳴らせるモード。Mono、Legatoは共に単音ですがLegatoは近い音程に移るときノートを重ねるとハンマリングオンになります。

アンプシミュレータを使う必要があります。

配布ページにデモ音源があるのでどのようなサウンドなのか分かると思います。

この音源はとても音色は良いのですが、パラメータの挙動が不自然だったり奏法もサスティンとスライドだけなので自由度は低いというのが弱点ですね。




YamahaGtr

Yamaha Pacificaをサンプリングした音源。
↓こういうギターです


 DAWは落ちるものさんで詳しく解説されています。見ておきましょう。

ダウンロード先は分かりにくいですがここです。


さてこのYamahaGtr含め後で紹介する音源も「sfz」という形式です。
この形式の音源を鳴らすために sforzandoというプラグインをダウンロードしましょう。

DOWNLOADをクリックしてインストーラーをダウンロードしましょう。


ちなみにsforzandoで使えるフリーサウンドが下にスクロールするとあります。
ついでにダウンロードしてみると良いかもしれない。


ダウンロードしたらインストールしましょう。

加えてsfz形式のフォルダをお好きなところに作って解凍したYamahaGtrの音源を入れましょう。

sforzandoを開いたら


SETTINGSタブからUser files pathで先ほど作ったフォルダの場所を指定しましょう。
この作業をすると他のsfz形式の音源を追加する際もフォルダに入れるだけで大丈夫です。



フリー音源コレクターなもので何か色々入ってますが…


UserからYamahaGtrを選び、sfzファイルを選択します。
muteはミュート音。

susはサスティン。
hoffはハンマリングオン、プリングオフですが、DAWは落ちるものさんの記事によるとマッピングにミスがあるらしいので使いません。

nzが付いているものはノイズが鳴ります…が微妙。sが付いているものは左右に広がりがあります。sus_muteのように2つあるものはベロシティによって奏法が切り替わります。

ここではyamaha_susを選びます。


っとちょっと待った!

DAWは落ちるものさんでも解説していましたが…
YamahaGtrはそのままだとリリース音が少し長いのでsfzファイルに手を加える必要があります。

sfzファイルといってもその正体はただのテキストなのでメモ帳で開きます。
よく使うであろうと思われるyamaha_muteとyamaha_susとyamaha_sus_muteを編集します。

<group>のampegreleaseを0.1にします。(DAWが落ちるものさんの記事では0.2としていましたが0.1のほうが良いです)


これでおk

鳴らしましょう!
音色はクリーンなので先ほどダウンロードしたGuitar Rigなんかのアンプシミュレータを使いましょう。


さてyamaha_sus_muteですが…少し問題があります。
ベロシティを下げるとミュート音になりますが、ベロシティが低いのでもちろんミュート音が小さくなってしまいます。この仕様はsfzという形式では仕方ないことです。

ではmuteとsustin別々に立ち上げて打ち込む…面倒ですよね。



コンプレッサーかけましょう!

アンプの前にコンプレッサーをかけて音量差を小さくします。

↓アンプがいくつか表示されていますが無料版だとアンプはJUMPのみです。



ではコンプレッサーをかけていないものとかけたものを聴き比べてみましょう。

https://soundcloud.com/lame-ort/yamahagtr

同じフレーズが繰り返されて5小節目からコンプレッサーがかかっています。
音の粒が揃って聴きやすいですね。

ちなみにYamahaGtrは複数のサンプルが収録されている音源です。
例えばドの音程を連続で鳴らしたら違うサンプルが再生されるため機械的な感じになりにくいです。

かなり低い音程の音が出ます。7弦ギターの音域より低いです。メタル系のアンプで鳴らせば結構良い感じ。さらにありえないくらい高い音も出ます。

というわけでこの記事を書きながら低い音が出せるならハイゲインアンプとか似合うんじゃないか?と思いまして…

こんなのも作りました!!!!!
https://soundcloud.com/lame-ort/yamahagtrhigain
Guitar Rigじゃないですがフリーのやつです。ドラムもベースもフリーです。


EmilyGuitar

EmilyGuitarはEmily The Strange G-310というギターをサンプリングした音源で、Emily The Strangeというのは

エミリー・ザ・ストレンジEmily the Strange)は、アメリカ、サンフランシスコのアーティスト集団コズミック・デプリのバズ・パーカーが創作したキャラクターである。

Wikipediaより

らしいです。全然知らない。知らなかった…。


Emily The Strange G-310は下のと同じ。安ギターなんですね。
SGと呼ばれるギターで硬めの音でロック向きです。


そんな豆知識は置いておいて…

ダウンロードはZIPと書かれているところから。



ダウンロードしたら解凍してYamaha Gtrのときに作ったフォルダに入れておきましょう。

この音源にはbasic、chords、chords、wide、clean、five_voice、three_voiceがありますが、basicとchordsのみ解説します。



basicは通常のサスティン音源です。悩むことはないと思います。
Cleanとの違いは音が鳴り終わった時にノイズが鳴らないかどうか。

Chordですが、パワーコード、メジャーコード、マイナーコードをキースイッチで切り替えることが出来ます。
灰色で表示されているところがキースイッチでB0がメジャーコードB♭0がマイナーコードA
パワーコードです。



自作デモ音源はこちら!
https://soundcloud.com/lame-ort/emilyguitar
  

例のごとく全部フリーです。



おまけ

VS BURST LP FREE(製品版KONTAKT必須)

なぜおまけかと言うとKONTAKT必須なので。

KONTAKT持ってるなら絶対ダウンロードしておくべき!

ちなみにKONTAKT PLAYERで起動すると15分しか使えません。KONTAKT PLAYER自体を立ち上げなおせば使えないこともないのでセコいケチな人は頑張ってみてください。

ちなみにさっき紹介したエレキギター音源が話にならないぐらいすごいです。

ダウンロードリンク先にあるデモ音源は製品版のVS BURST LPを使ったものですが、音のリアルさが分かるかと思います。



収録奏法
ノイズ
コード
  • M
  • m
  • 7
  • M7
  • m7
  • mM7
  • dim
  • m7-5
  • aug
  • sus4
  • 7sus4
  • 6
  • m6
  • add9
  • ローコード・ハイコード変更
  • 5th
  • 5th+Octave
  • 4th

アーティキュレーションの多さと細かな奏法の指定がすごいですね。
鳴らせるコードの種類も多いですね。痒いところに手が届く音源です。

難点はアーティキュレーションの扱いが難解なところとギター弾きじゃない人には分かりづらいところがあるという点でしょうか。

ありがたいのがUI上でヘルプを出せるところですね。日本語ありがたや。
日本のデベロッパーは少ないですからね。

製品版のVS BURST LPはエレキギター音源の中では格安です。
ただ…他の音源と比べると音が良いとは言えないかもしれない。

アンプシミュレータ必須です。